Chihiro Yamanaka
Pianist/Composer/Arranger/Producer

CHIHIRO YAMANAKA, Universal Classics & Jazz recording artist, is one of the most exciting jazz pianists and composers of her generation, and the leader of the CHIHIRO YAMANAKA TRIO.

CHIHIRO YAMANAKA’s latest CD, “Forever Begins” (Verve) was released in Japan in 2010 and is reached the #1 on the several Japanese jazz charts as her other albums. Based in New York City, her international concert appearances have included Carnegie Hall, the Kennedy Center, JVC Jazz Festival New York, Umbria Jazz Festival, Tokyo Jazz Festival and the Vienna State Opera House.

As acclaimed as Chihiro is in the U.S. and Europe, she is even more popular in Japan, where she’s had an amazing series of successes, with sold-out concert tours and all the CDs reaching the #1 spot on the Japanese jazz charts – an auspicious start to a career that first gained worldwide attention with Chihiro’s 2005 “Best New Artist” award in Swing Journal Magazine.

Chihiro’s 2009 CD, “After Hours” (Verve) won the “Japan Gold Disc Award” as the best-selling jazz disc of the year, and her 2007 CD, “Abyss” (Verve) won "Album of The Year" in the Swing Journal Magazine Readers' Poll. Among her European CD releases is “Lach Doch Mal” (Emarcy), a masterpiece for both her virtuosity on piano and her strikingly original compositions. Highlights of Chihiro’s concerts and recordings also include her refreshingly unique arrangements of many of the most famous songs in the standard jazz repertoire. Jazz Life Magazine called Chihiro “one of the greatest talents in jazz for decades.” And the jazz legend George Russell has hailed her as “a very gifted and imaginative musician.”

The CHIHIRO YAMANAKA TRIO has featured some of the finest talent in jazz, including bassists Larry Grenadier and Bob Hurst and drummers Jeff “Tain” Watts and Jeff Ballard. In addition to her work as a bandleader, her in-demand status has led to concert appearances with Herbie Hancock, George Benson, Nancy Wilson, Clark Terry, Gary Burton, George Russell, Terry Lynne Carrington, DIVA and many more.

Chihiro’s impact on the international jazz scene was uncannily foreshadowed by the successes she had while still in college, first at the Royal Academy of Music in England and then at the Berklee School of Music in Boston, where she won Down Beat's Outstanding Performance Award and was honored by the International Association of Jazz Educators with her victory in the prestigious “Sisters In Jazz” competition in 2000.

main.gif

山中千尋
ピアニスト/作曲家/アレンジャー/プロデューサー

桐朋女子高校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科(ピアノ専攻)を経て米国バークリー音楽大学に留学。在学中より幾多の賞を受賞し、数多くの有名アーティストと共演を重ねる。

バークリー音楽大学を首席で卒業後、2001年10月にジャズピアノの名門レーベル「澤野工房」から第一作『Living Without Friday』を発表、直後に大手CDショップのジャズ・チャートで一躍トップセールスをマークし、新人としては異例のデビューをかざる。

同時期から文化庁派遣芸術家在外研修員として一年間、アメリカでさらに研鑚を重ね、2002年12月にニューヨークの若手トップミュージシャンを従えた第二作『When October Goes』をリリース。ジャズ・チャート初登場第1位となり聴衆から絶賛を受ける。

日本でのライブ活動も本格化し、2003年初頭に行なった「山中千尋 ニューヨーク・トリオ ツアー2003」の模様を伝えたTVドキュメンタリ「情熱大陸」(MBS系)ではその国際的な活動をさらに広く知らしめることとなった。

2003年8月には上記ツアーの大阪公演を完全収録したライブDVD『Leaning Forward』を発表、その演奏と映像のクオリティの高さから、ジャズにおける映像作品の新しいすがたを提示、ポップスを含む全ジャンルのDVDチャートでベストテン内に初登場ランクインした。

ニューヨークを中心に世界各地で活動を続け、2004年1月には米NBCラジオ、カーネギーホールへ出演、5月には1年半ぶりとなる新作CD『Madrigal』を発表。

2005年1月にユニバーサル クラシックス&ジャズと契約。
8月に「情熱大陸 Special Live」(大阪公演)、「東京JAZZ2005」に出演、9月に待望のヴァーヴ移籍第1作『Outside by the Swing』を発表。オリコンデイリーアルバムチャート(邦楽・洋楽全ジャンル)で初登場20位、各ジャズ・チャートでは前作・前々作同様初登場第1位をかざる。10月からアルバム発売ツアーとして、「ツアー2005~"Outside by the Swing"」を全国各地で開催。

2006年9月、ヴァーヴ移籍第2作となる『LACH DOCH MAL』をリリース、2007年4月発表のスイングジャーナル誌「第57回日本ジャズメン読者人気投票」<アルバム・オブ・ザ・イヤー>部門で第1位を獲得。

2007年8月にヴァーヴでの3作目『Abyss』を発表、iTunes Store、HMV、タワーレコード、アマゾン他各種のジャズ・チャートで第1位。
10月にはヴァーヴから初のライブDVD作品『Live In Tokyo』をリリース(同年6月のツアー最終日を収録)、各ジャズ・チャートでの第1位はもとより、オリコンの全ジャンルDVDチャートで初登場第7位となる。
11月中旬より、「山中千尋 ニューヨーク・トリオ ツアー2007 "Abyss"」をイタリア~イギリス~ドイツ~日本で敢行。

2008年1月に『Abyss』がスイングジャーナル誌ジャズディスク大賞「日本ジャズ賞」を受賞。4月には同誌「第58回日本ジャズメン読者人気投票」<アルバム・オブ・ザ・イヤー>部門で2年連続第1位となる。
2月にピアノ~ギター~ベースによるドラムレス・トリオで故オスカー・ピーターソンに捧げた『After Hours』をリリース、9月には最新作となる『Bravogue』を発表。両作品ともジャズ・チャート初登場第1位。

2009年3月、『After Hours』が「第23回 日本ゴールドディスク大賞 <ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー>」を受賞。同月に『Abyss』がヨーロッパでもリリースされ、オーストリア、ドイツ、フランス、イタリアでライブ・ツアーを行なう。
5月から6月には、ニューヨークのトップ・ピアニスト10人の共演で開催される「富士通スペシャル 100 GOLD FINGERS」に参加。
10月に、今年生誕100周年を迎えるベニー・グッドマンへのトリビュート作『Runnin' Wild』を発表。Amazon、タワーレコード、HMV、ビルボードジャパンなどの各ジャズ・チャートで第1位を獲得。また、群馬交響楽団の公演にて、「ラプソディ・イン・ブルー」を共演した。

2010年は2月のロシア~ヨーロッパ・ツアーをはじめ、ニューヨーク、日本と世界各地でライブ活動を展開。9月には「東京JAZZ2010」においてテリ・リン・キャリントンの「モザイク・プロジェクト」にスペシャル・ゲストとして参加、またピアノ・トリオ作品としては2年ぶりとなる新作『Forever Begins』を発表する。アルバムの発売を受け、10月にはヨーロッパ、11月末からは日本でコンサートツアーを開催。

デビュー10周年となる2011年は、年初からソロ・ピアノによるコンサートをはじめ、オーケストラとの共演やアメリカ・ヨーロッパでのライブツアーなど各種プロジェクトが目白押しで、5月には米Deccaレーベル初の日本人アーティストとして『Forever Begins』が全米発売。リリース記念ライブをニューヨーク「Iridium」で開催。7月にはイタリアの「ウンブリア・ジャズ・フェスティバル」にてハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、マーカス・ミラーらによるスペシャル・グループのオープニング・アクトを務める。8月には新作CD『レミニセンス』を発表、「第1回 NISSAN PRESENTS JAZZJAPAN AWARD 2011 "アルバム・オブ・ザ・イヤー"」を受賞。

2015年9月からは母校である米ボストンのバークリー音楽大学にて、助教授として後進の指導を開始している。

2016年にデビュー15周年を迎え、Blue Noteレーベルから3作目のオリジナルアルバム『Guilty Pleasure』の発売記念ツアーを全国で行い成功を収めた。今年4月には名門ジャズクラブのロンドンのロニー・スコット、パリのニュー・モーニング、ミラノのブルーノート、ワシントンのブルースアレイに出演。それらの公演ではいずれもソールド・アウトとなるほどの評判を博し、英国ガーディアン紙のジャズレビューでも激賞される。8月にはNHK交響楽団と共演。また、米リンカーンセンターでのジェームス・P・ジョンソン・トリビュート記念コンサートにイーサン・アイバーソン、エリック・ルイスらと ともにソロで出演。